スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Radarマップ名称

Radarのマップ名称と作ってもらいました

CSのダスト2が元になっているということで
そっちを生かしたものとAVAでよく使われる名称
の二つをあげておきます。
まだマップ名称がクランで決まっていないという場合是非参考にしてください
radar2.png

こっちがAVAっぽいほう 
ドレミって書いてあるところは音階が鳴るやつがあるので
音楽室→バッハ→モーツァルト→おジャ魔女ドレミ→ドレミ 
というふうになりました
つくりなおした
スポンサーサイト

対SRと飛び出し

 この前書きました反応速度と反射神経のやつについて

 ちょうどいい動画が結構前の試合なんですけどあったんで

 乗せておきます。

 

 まず、対SRなんですが、状況によっても変わるとおもいますが、
 
 自分は5-5でお互い全員生きている という状況では、

 このように1mmの隙間から置いていることが多いです。

 それは反応できなくてはずしてしまっても、相手もあてにくい、

 また当てられても一撃で死なない。という位置で置いておきます。

 そのあとは、キルしたことによって報告が相手にはいきます。

 そのためいつまでもそこにいてはいけないので、引くかどうかしなきゃいけない

 そういう場面でおもいきって飛び出し反射神経で勝負します。

 このときももしはずしてしまっても、すぐ逃げられるポジで飛び出します

 今回は偶然どっちもうまくいったんで乗せておきます。
 
 まとめると「はずしても殺されない」 というのがポイントだとおもいます

テーマ : Alliance of Valiant Arms
ジャンル : オンラインゲーム

反応速度について

 こんばんわメシアです
 
 みなさんが大好きな反応速度についてぼくなりに考えてみたいとおもいます。

 自分の話ですが、あのよくある色が変わったら押してタイムを計るやつをやると、

 早い人で0,16とかでしたっけ?あれ自分は調子よくて0.26秒とかです。

 けど自分で言うのもなんなんですが、よく「反応はええっ」てクラメンにいわれたりします。

 正直あの反応はかるフラッシュゲームはさほど参考にならないとおもうんです。

 それはなぜかといいますと、あれは「色が変わった瞬間に押す」という意識があるため、

 常にクリックする準備ができているんです。さあくるぞくるぞとおもいながらやる反応と

 もうひとつボクはこれが重要だとおもうのですが、

 予期せぬタイミングで急に反応しなきゃいけないときの反応速度です。

 これこそが反射神経だとおもうのですが、この能力が僕は長けていると自負しています。

 急に敵が飛び出してきたりするときに瞬間的に反応して打つという速度がSRにもARにも

 必要なんではないかとおもいます。ただボクはARだと反応できても頭に当てれないんで殺せないです。

 つまり、脳が敵だと判断する前に脊髄で反応して打つって感じですね。(調子こいてすいません)

 それだと味方も急に打ってしまうんじゃない?とおもう方もいるかもしれませんが大丈夫です

 味方は予期せぬところから急に飛び出したりしません。
 
 「反応速度」には自信がない自分は「ガン置き」という行為をあまりしません。
 
 急に飛び出して打つ「反射神経」で勝負することが多いです有利ポジで置くのはまた別の話です
プロフィール

MesiA*

Author:MesiA*
AVAで活動中、SR専、ときどきAR症候群
Clan経歴
Mosmos

F4ntas1a
 ↓
crisis

Morgue

OrleanS

CRISIS
A.V.A ランキング

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。